FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原→三島 死ぬかと思った!

さて前回から数日経ちました。
今日は1月4日、箱根駅伝の次の日です。

今回は小田原から三島、出来れば新富士を目指します。

まずはママチャリを置いてある小田原駅。
小田原って言うと教育TVを思い出すんだよねぇ、田舎者にとって憧れの小田原城は…国道側からはほとんど見えませんでした。
02-01

駐輪場にママチャリを取りに行く、ちゃんと無事に置いてありました。
02-02

超過料金を支払う。
小田原駅は1つ1つにロックが掛かるようになっていて、超過した分を払うとロックが外れるようになってます。
どこでも料金は1日100円ですが、駅によって結構ルールが違っていて面白いです。
02-03

昨日まで箱根駅伝だった証拠、小田原中継所の看板が残っていました。
02-04

当初の計画では国道135号沿いに東海道本線に沿って半島越えをするつもりだったのですが、途中から自転車では入れなくなっている上に道に迷ったので仕方なく計画変更。
来た道を国道1号線の所まで戻ります。
この時点でロスタイム1時間!
02-05

一番シンプルなコース、箱根越え挑戦!
ロスタイムは力技で押し切ってしまえ、行くぜ!
02-06

箱根湯本駅です。
この時は半分観光気分、この先に訪れる地獄を俺は知らなかった…。
02-07

蛙の滝の前を通る。
02-08

駅伝の中継でよく見るヘアピンカーブ、ここでメシ食いました。
さすが1月4日、東京方面へ行く車の多い事…何度か渋滞中の車内から「この渋滞はどこまで続くのか?」聞かれました。
02-09

あっ、千と千尋の神隠しで見たことある!と、ちょっと感動。
02-10

疲れるし、観光バスが多くて危ないしでママチャリを押して登る。
振り返ると思った以上に急な坂だなぁ…って。
02-11

赤い電車が走ってました、2両ぐらいでした。
…箱根登山鉄道?
02-12

ちょっと寄り道、彫刻の森美術館です。
ここで実家へのお土産買いました。
02-13

国道一号最高地点です。
何度も心が折れそうになってましたが、ここより高い所は無いと思うと乗り越えられそうです。
マジで涙出そうだった、ちょっと休憩しました。
02-14

景色が良かったので撮影、芦ノ湖…でしょうか?
02-15

見づらいですが、とうとう静岡県に入りました!
02-16

まもなく現れる謎の表示。
なになに「この先15km区間 急な下り坂 エンジンブレーキ使用」傾斜が…8%、15kmも続くの?
02-17

写真を撮る暇も無く、ノンストップで麓に到着。
4時間かけて登った箱根、下りは30分掛からなかったです。
正直死ぬかと思った、ママチャリでは設計上あり得ない速度が出ました。
ムチャクチャ気持ち良かったけどね。
02-18

三島駅です。
既に箱根の登りで心が折れ掛かっていたのと、国道一号線にママチャリで入れない区間に当たったため三島駅にて今日は終わりっ!
02-19

駐輪場に留めて、また後日。
02-20

今回のコースです。
ほとんど小細工無しの国道1号線コース、最高到達点874mを覚悟出来れば道に迷うことも少ないはず。
02-21
高低差が凄いね、ほとんど山登りで終わってる。

小田原→三島間 ママチャリコースリアル(迷った区間込み)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4426a1a0cba5c256dd9e7950f927f99f
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

プロフィール

昭嶋しゅん

Author:昭嶋しゅん
日々の出来事を、気が向いたときにでものんびりと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。